4/29
銚子から那珂湊へ
 走行距離 : 45.1 NM
 Total : 45.1 NM
 走行時間 : 7:50
 Total : 7:50
霞ケ浦のヨット仲間のISGMさん、ISYMさん、NMTさん、会社関係のYSNさん、HYSさん、それに私の6名で7:55に銚子マリーナを出港。 15:45 那珂湊港到着。
\170-と非常に安いいつもの銭湯に入り、以前に探しておいた居酒屋「おくしり」での夕食となりました。
4/30
福島県・久の浜へ
 走行距離 : 56.8 NM
 Total : 101.9 NM
 走行時間 : 9:20
 Total : 17:10
那珂湊では霞ケ浦のヨット仲間のTZKさんとYSIさんが合流して、合計8名となりました。
6:10那珂湊出港、当初は小名浜港に向かっていましたが、風が良いので塩屋崎をかすめて北上、セーリングを十分楽しみ、15:30に久の浜港に入港。この港は町から離れているので、遅い昼食をするため皆そろって徒歩で町まで行き、食事と乾杯となりました、船にもどってからは昼寝タイムとなりました。
ここは何もない寂しい港なのです、いつしか「オーバーナイトで鮎川まで行こう」という事になり、22:00久の浜を出港して真っ暗な海に再度乗り出しました。
5/01
牡鹿半島・鮎川港へ
 走行距離 : 83.0 NM
 Total : 184.9 NM
 走行時間 : 16:00
 Total : 33:10
夜が明けて薄明るくなって来たのでクルーを交代して網地島(あじしま)を順調に目指します。 昼前に網地島近くまで来ると北東からの風が強まり、このまま島の東側を周ると強風を真正面から受けそうなので北西に引き返し田代島の西側から石狩湾に入りました。 14:00 鮎川入港し漁港の前に着岸。
ここは捕鯨の町、港近くの食堂に入ったら「ミンククジラが捕れた」とのことで、クジラ料理のフルコースを堪能してしまいました。 その後「おじか旅館」でお風呂をいただきオーバーナイトの疲れを癒しました。
5/2
相馬・松川浦漁港へ
 走行距離 : 51.3 NM
 Total : 236.2 NM
 走行時間 : 8:20
 Total : 41:30
鮎川でYSNさんが下船したので7名になり、7:30に鮎川港を出港、金華山を時計まわりで周り相馬港を目指しますが、あまりにも良い風にエンジンを切り、久しぶりにスピンネーカーを張って好天のセーリングを楽しんでしまいました。
15:50 相馬・松川浦漁港入港、漁協脇の岸壁に係留して、いつもの「栄荘」で風呂と宴会となりました。

 
                      鮎川港での全員の写真

 
                    金華山をバックに快適セーリング

5/3
相江町・請戸漁港へ
 走行距離 : 23.7 NM
 Total : 273.9 NM
 走行時間 : 5:40
 Total : 47:10
この漁港は朝早くから漁船が荷揚げのためフルスロットルで入出港を繰り返していて引き波で「さつき」が大きく揺れます、これではたまらないので急いで準備をして6:45に小名浜に向かって出港しました。
2時間ほど南下したところで急に南風が強まり波が高まってきました一昨年と同じ状況です、急きょ浪江(なみえ)町の請戸(うけど)港に飛び込むことにしました、12:25着岸。 まず、漁協の前に係留したのですが、ここは南風をまともに受ける場所なので、近くの漁師さんに相談して北側の船溜まりの漁船「吉祥丸」に横抱きさせていただくことになりました。
係留後は目の前の「海船亭」で風呂と食事、ここの「かき揚げ定食」は味とボリュームが最高です。 船に戻ると「吉祥丸」の船長SGさんともう一人の漁師さんが訪ねて来て船上パーティーとなってしまいました。
5/5
茨城県・平潟港へ
 走行距離 : 43.6 NM
 Total : 317.5 NM
 走行時間 : 7:45
 Total : 54:55
昨日はまだ強風が残っていたので早くから待機を決め、徒歩で浪江町のショッピングセンターまで遊びに行き、また「海船亭」で食事、その後にはSGさんが中学生と高校生のお孫さんを連れて来て夜遅くまでの歓談となりました、機会があれば再訪したいと思います。
ここではTZKさん、NMTさん、YSIさん、ISYMさんの4人が下船しましたので、3人で7:05に小名浜に向けて出港しました。 海面は収まり順調に塩屋埼を越えたので小名浜の一つ先の平潟港に14:50に到着しました。 ここでHYSさんが下船したのでとうとうISGMさんと2人になりました。
5/6
銚子マリーナへ
 走行距離 : 74.1 NM
 Total : 392.6 NM
 走行時間 : 11:45

 Total : 66:40

6:25に平潟を出港、天候も良いので真っ直ぐに犬吠崎に向いました。
いつも思うのです、北側から銚子の町に近づくと町並みの後ろ側に「屏風が浦」が見えています。 マリーナはその下にあるので真っ直ぐな運河でもあれば今すぐにでもたどりつけるのですが、犬吠崎、長崎鼻を遠まわりして行くのでまだ2時間近くかかってしまいます、「誰か運河を作ってください」。
18:10 銚子マリーナに無事帰還。